御菓子司中屋 ル・モンド
店舗のご案内
会社概要
お問い合わせ
リンク集
ホーム
職人のひとりごと
ウエブショッピングはこちらから
和菓子部門
鯨羊羹
物外・久五郎餅・和七最中
鶴湾・田の実
れんが坂・摩尼山
はっさくの風
はっさく大福
洛味
フィナンセ・尾道三山
洋菓子部門
はっさくプディング
しまなみ焼ドーナツ
おのみち少女
バターケーキ
ウエディングケーキ
季節のお菓子
季節毎のお菓子
商品紹介コーナーへ戻る
リンク集・尾道案内
和菓子職人のひとりごと

有限会社中屋本舗
TEL.0848-47-3070
FAX.0848-47-3090
E-mail:info@nakaya-honpo.com

鯨羊羹

尾道銘菓 鯨 羊 羹
古来より海洋資源に恵まれていた日本人は、地球上最大の動物である「鯨」も例外ではなく、肉・脂・表皮はもとより、「鯨尺」の名があるようにその材料として「ひげ」までも無駄なく大切に利用してきました。現在では高価な食材となった鯨ですが、古くからの港町・尾道でも肉とともに、「おばけ」又は「おばいけ」といって、表皮の黒い部分とその下の「白皮」とよばれる脂肪層を薄く切って熱湯をかけ、流水でよく晒して酢味噌で食べる「さらし鯨」は極く一般的なたべものでした。
「鯨羊羹」は元は「鯨餅」といって、黒と白の二層の蒸し羊羹として江戸時代に記録が残っています。寒天の発見後、十八世紀後半頃より現在の羊羹に似たものが造られてきますが、「鯨羊羹」もそれに後れて現在の様になったと思われます。いずれにしましても、鯨の皮を意匠に取り入れ菓子にして愉しむ、私たち日本の先人達の美意識の高さと生活を豊かにする姿勢に頭が下がります。
※中屋の鯨羊羹には鯨の肉、油、その他 鯨からの抽出物等は、一切使用してはおりません。

鯨羊羹
鯨羊羹ハーフサイズ1本
702円
鯨羊羹1本
1,404円
鯨羊羹2本・箱入
3,002円
鯨羊羹3本・箱入
4,482円
鯨羊羹4本・箱入
5,940円
鯨羊羹5本・箱入
7,398円

鯨羊羹にはハーフサイズをご用意しております。
お買い求めやすさでお土産に大好評!!
1本 702円
価格は全て消費税込みの表示となっております。

ウエブショッピング

 Copyright (C) 2004 NAKAYA HONPO. All Rights Reserved.